林 直樹 NAOKI HAYASHI

林直樹

Ultimate Styles Dental Laboratory代表 林 直樹 (はやし なおき)

大阪歯科大学卒業後、国内の歯科技工所にて歯科臨床を8年間研鑽したのち渡米し、ワールドラボUSAのハイクオリティ部門Ultimate Styles Dental Laboratoryを開設する。以降、世界の歯科界を牽引する歯科医師たちと共に最高水準の症例結果を上げ続け、世界中の多くの患者様たちの満足を得ることは元より、世界の歯科界、歯科人へ大きなインパクトを与え続けている。また欧米、日本の権威高い国際歯科学会での発表と多くの歯科ジャーナルに論文を多数寄稿している。

可能サービス

指名による補綴物の製作

あなたを笑顔にするために
「A reason to Smile」

歯並びや、歯の色などの見た目を気にされる方、噛み合わせや発音に悩まれている患者さまに、機能的な歯科審美治療補綴物を提供しています。また、見た目の美しさだけでなく、噛み合わせ、適合(作った歯に一部の隙間もない精度)、発音、歯茎への健康(歯茎が黒ずんだり赤く腫れたりする事のないもの)、生体親和性に優れた材料の使用などを心がけております。それに加え、患者さまそれぞれの顔立ち、唇の形やスマイルライン等のパーソナリティーを考慮し治療における最良のトータルバランスを追求しています。

「人の技」にあり

コンピューターテクノロジーの進化により、歯科の分野でもコンピュータによる補綴物の製作が進んでいます。しかしながら、コンピュータによる全ての計測と具現化は不可能です。そこにはやはり、人の手でしか創りだす事ができない多くの要素があります。Ultimate Stylesの歯科技工士は、豊富な経験と治療分析データを元に綿密な治療プランニングを行い、患者様おひとりおひとりに合った歯を具現化していきます。歯科治療は人と人がなすべきものに変わりありません。世界唯一と呼ばれる技術により、世界中の歯科医師、患者様からの製作依頼が後を絶ちません。また世界各国の国際歯科学会にて毎年15講演以上の招聘を受け発表を行い、国際誌においての論文を過去50本以上数執筆されています。

Ultimate Styles Dental Laboratory

Ultimate Styles Dental Laboratory

Ultimate Styles Dental Laboratoryは、2003年よりカリフォルニアで開業し、厳しい目を持つ米国の歯科医師とセレブリティを満足させる、世界最高水準の品質を常に提供し続けています。

Ultimate Stylesの症例はこちら

AAEDアメリカ審美歯科学会

「AAEDアメリカ審美歯科学会」の
Associate Memberに選出

AAEDアメリカ審美歯科学会の会員は、世界的に著名な各分野のエリート専門家のみで構成され、最高水準の卓越性を維持する為、メンバーシップは招待制のみと制限されています。会員になるためには、多くのテストをパスする必要があり、非常に狭き門です。そういった中、林直樹はAAED General Assemble 評議会で投票いただき、AAEDのAssociate Member に選出されました。

経歴

1993
大阪歯科大学附属歯科技工士学校(現:大阪歯科大学 医療保険学部 口腔工学科)卒業
2000
歯科医療専門誌「QDT」2000年4月号に論文掲載
2001
  • クラレノリタケデンタル株式会社 公認国際インストラクター(現:技術顧問)就任
  • 歯科医療専門誌「QDT」2001年5月号に症例論文掲載
  • WORLD LAB U.S.A.Inc.入社
2002
歯科医療専門誌「QDT」2002年6月号のMASTERPIECEに症例論文掲載
2003
  • アメリカカリフォルニア州にUltimate Styles Dental Laboratory設立
  • 歯科医療専門誌「QDT」2003年8月号に論文掲載
2004
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT」に論文掲載
  • 歯科医療専門誌「QDT別冊」に論文掲載
  • 歯科医療専門誌「QDT」2004年8月号のMASTERPIECEに症例巻頭特集が掲載
  • 歯科医療専門誌「QDT」2004年8月号に論文「A Challenge to Natural Teeth Part V -Porcelain Laminate Veneer restoration-」が掲載
2005
  • 臨床写真集「A Diary Through The Lens」を出版
  • 歯科医療専門誌「QDT」2005年2月号のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT」に論文掲載
  • 審美歯科専門誌 月刊「歯科技工」別冊 「オールセラミックスレストレーション」に論文掲載
  • The American Academy of Cosmetic Dentistry(AACD) ゴールドメンバー
2006
  • Colloquium Dental Symposium in Italy にて招待講演
  • 歯科医療専門誌「QDT」2006年4月号のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • 歯科医療専門誌「ZERO」別冊 「The power of dental technology」に論文掲載/本の監修担当 
  • 第5回 日本国際歯科大会にて招待特別講演
2007
  • 歯科医療専門誌「QDT」2007年1月号のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • ハワイにHawaii Mid Pacific Session(HMPS)を設立
  • Europe Dental Academy Esthetic (EDAD) にて招待講演
2008
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT」のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • 歯科医療専門誌「QDT」2008年7月号のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • 審美歯科専門誌「歯科技工」2008年1月号論文「An opening preview: A challenge to natural teeth -Colors & beyond-」が症例巻頭特集に掲載
  • 審美歯科専門誌「歯科技工」2008年1月号論文「Colors & beyond -Whole picture of shade taking that leads to successful esthetic dental restoration, Part 1-」が掲載
  • 審美歯科専門誌「歯科技工」2008年2月号論文「Colors & beyond -Whole picture of shade taking that leads to successful esthetic dental restoration, Part 2-」が掲載
  • ドイツ版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2008」7月号に論文掲載
  • ドイツ版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2008」8月号に論文掲載
  • ドイツ版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2008」9月号に論文掲載
  • ドイツ版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2008」10月号に論文掲載
  • 米国版 歯科医療専門誌「Spectrum dialogue 2008」3月号に論文掲載
  • 米国版 歯科医療専門誌「Spectrum dialogue 2008」4月号に論文掲載
  • 米国版 歯科医療専門誌「Spectrum dialogue 2008」5月号に論文掲載
  • イタリア版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2008」Vol.1に論文掲載
  • イタリア版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2008」Vol.3に論文掲載
  • イタリア版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2008」Vol.4のMASTERPIECEに論文掲載
  • 第2回 Hawaii Mid Pacific Session(HMPS)をハワイで開催
  • 第4回 国際歯科技工学術大会 in Taiwanに招待講演
2009
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT」にMASTERPIECEとして症例論文掲載
  • スペイン版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2009」Vol.1に論文掲載
  • スペイン版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2009」Vol.2に論文掲載
  • スペイン版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2009」Vol.3に論文掲載
  • スペイン版 歯科医療専門誌「Dental dialogue 2009」Vol.4に論文掲載
  • Spectrum Dialogue Techno-Clinical Day in Chicagoにて招待講演
  • 第3回 Hawaii Mid Pacific Session(HMPS)を東京で開催
2010
  • 第6回日本国際歯科大会にて招待特別講演
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT」に症例論文掲載
  • 歯科医療専門誌「補綴臨床」別冊 「オールセラミックス・プレパレーション」に症例論文掲載
  • 審美歯科専門誌「歯科技工」2010年1月号に論文掲載
2011
  • 第4回 Hawaii Mid Pacific Session(HMPS)を開催
  • AACD in Boston にて講演
  • International Symposium on Ceramics in San Diego にて講演
  • 審美歯科専門誌「歯科技工」2011年6月号で症例論文掲載
  • 書籍「Past << future -Envision 77 heart beats-」発刊
  • 歯科医療専門誌「ZERO」に論文掲載
2012
  • モリタ歯科技工フォーラム2012 TOKYOにて招待講演
  • 第37回 AAED(American Academy of Esthetic Dentistry)にて招待講演
  • BSAD(Brazilian Society of Aesthetic Dentistry)にて招待講演
  • 審美歯科専門誌「歯科技工 別冊」を共著出版
  • 審美歯科専門誌「歯科技工 別冊」に論文「A challenge to natural teeth -Trusted dental esthetic-」が掲載
  • 審美歯科専門誌「歯科技工 別冊」に論文「Treatment planning procedure and communication method for esthetic prosthetic treatment with excellent total balance」が掲載
2013
  • 第5回 Hawaii Mid Pacific Session(HMPS)を開催
  • Ultimate Styles Dental Laboratory 現地社長に就任
  • 第5回 International Congress on Adhesive Dentistry にて招待講演
  • 第5回 国際歯科技工技術大会in Soule にて招待講演
  • 第1回 ヨーロッパ国際審美歯科学会in Poland にて招待講演
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT」のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • 審美歯科学会誌「JCD」2013年2月号に症例論文掲載
  • 補綴歯科学会誌「ACP Messenger」に論文掲載
2014
  • International Symposium on Ceramics in Hollywood にて招待講演
  • 第7回 日本国際歯科大会にて招待特別講演
  • 歯科医療専門誌「QDT」2014年9月号のMASTERPIECEに症例論文掲載
2015
  • International Esthetic Dentistry in Brazilにて招待講演
  • Dental Technology symposium in Taiwanにて招待講演
  • QIDS(Quintessence Interdisciplinary Dental Symposium)にて招待講演
  • 第40回 記念大会AAED(American Academy of Esthetic Dentistry)にて招待講演
  • 第17回 Colloquium Dental Symposium in Germany にて招待講演
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT」のMASTERPIECEに症例論文掲載
2016
  • 歯科医療専門誌「QDT」2016年1月号に症例論文掲載
  • 大阪歯科大学創立50周年記念式典ゲストスピーカーとして招待講演
  • 第4回 International congress “Clinica” in Brazilにて招待講演
  • Spear Faculty Education in Scottsdaleにて招待講演
  • 第9回 USC国際修復歯科シンポジウムにて招待講演
  • 第6回 森田歯科技工士フォーラムにて招待講演
  • Dutch Academy Esthetic Dentistry(DAED)にて招待講演
2017
  • AAED「アメリカ審美歯科学会」の Associate Memberに選出
  • 歯科医療専門誌「QDT」2017年2月号のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT」のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • 第6回 Hawaii Mid Pacific Session(HMPS)をロサンゼルスで開催
  • 第25回 国際セラミックスシンポジウム in San Diegoにて招待講演
  • 第3回 Chinese Academic of Estetic Dentistry(CAED)にて招待講演
2018
  • 第43回 Annual USC International Periodontal & Implant Symposium in LAにて招待講演
  • クラレノリタケ創立30周年記念講演会にて招待講演
  • 第43回 AAED年次総会「THE STARS」にて招待講演
  • 第8回 日本国際歯科大会にて招待特別講演
  • 第37回 ヨーロッパ国際歯科補綴学会にて招待講演
  • 歯科医療専門誌「QDT」2018年1月号のMASTERPIECEに症例論文掲載
2019
  • 第6回 国際歯科技工学術大会 in Taiwanに招待講演
  • 第7回 Hawaii Mid Pacific Session(HMPS)を名古屋で開催
  • 第11回 アメリカ歯科色彩学会にて招待講演
  • 第5回 国際デジタル歯科学会にて招待講演
  • 第10回 日本デジタル歯科学会にて招待講演
  • 韓国歯科審美学会にて招待講演
  • 歯科医療専門誌「QDT」2019年4月号に症例論文掲載
2020
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT YearBook 2020年版」のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • Doctorbook academyにて収録講演
2021
  • 歯科医療専門誌「QDT別冊」に論文掲載
  • ドイツ版 国際的歯科医療専門誌「QZ」のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • 歯科医療専門誌「QDT」2021年7月号のMASTERPIECEに症例論文掲載
  • 歯科医療専門誌「QDT」2021年11月号に症例論文掲載
2022
  • 審美歯科学会誌「JERD」2022年1月号に症例論文掲載
  • オランダの歯科医療学校の年間誌「THE KARMA. MAGAZINE 2022」に記事が掲載
  • LMT Lab day west in Californiaにて招待講演
2023
  • 審美歯科学会誌「JCD」Vol.38 Issue 3に症例論文掲載
  • 審美歯科学会誌「JCD」Vol.39 Issue 2に症例論文掲載
  • 米国版 歯科医療専門誌「QDT YearBook 2023年版」に論文掲載
  • アメリカ審美歯科学会(AAED)の総会に登壇
  • 日本国際歯科大会2023にて招待講演
2024
歯科医療専門誌「QDT」2024年1月号のMASTERPIECEに症例論文掲載

お問い合わせ

トップセラミストの指名をご検討の歯科医院さまはお気軽にお問い合わせください。問い合わせ専用フォーム、またはお電話にてお受けしております。

お問い合わせフォーム

資料請求・お問い合わせ